任意整理 メール相談

任意整理とは

「任意整理」とは、裁判所といった公的機関に何か申し立てるものではなく、借り入れをしている金融業者などの債権者と話し合いを持ち、債務の圧縮や削減を行い方法です。

 

債務者は弁護士や司法書士などその道のプロに依頼して交渉してもらう事になりますが、この場合“任意”という名前が付いているように債権者はあくまで任意で話し合いの場に着くわけですから、基本的に話し合いは厳しいものとなります。

 

この「任意整理」は返済する事を前提に行う話し合いで、債務の圧縮と共に3年から5年程度という比較的長い期間で支払いを行う事を約束します。

 

これは一見すると債権者にとっては不利なように見えますが、債務者が自己破産して融資した金額が1円も戻らなくなるよりはマシなので、そのあたりを上手くつついて長期の返済計画を承諾してもらいます。

 

また「任意整理」を行う際には、これまでの借入額と返済額をまとめますので、その際には“引きなおし計算”をする事でこれまで余計に支払っていた金利の返還を受けることができます。

 

これはグレーゾーン撤廃により利息制限法に規定されている金利を超えて支払ってしまっていた場合で、返還を受ける金利を原本にあてる事で原本そのものも圧縮・削減させる事ができます。

 

これはいわゆる“過払い訴訟”と同じ事なので、「10万円未満で年20%」「10万円以上で年18%」「100万円以上で年15%」という数字を越えていないか、過去の明細書を全て用意してよく確認しておきましょう。

 

 

任意整理の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談