特定調停 メール相談

特定調停とは

「特定調停」とは、簡易裁判所に申し立てて債権者側と話し合いを行い、その中で裁判所に仲裁してもらい返済条件を決めていく制度です。

 

自己破産とは異なり返済を前提とした借金の返済方法の一つで、債務の圧縮を受けて3年以内の完済を目指します。

 

継続した返済を行うためには一定の収入が必要となりますので、「特定調停」は誰で行えるものではなく、調停後において“継続した収入が見込める人”である事に加えて、“減額した後の借金が3年程で返済可能な金額”である事もとても重要になります。

 

例えば“減額し200万円になった借金を3年で返済”というのであれば現実的であり調停の効果が見込めますが、“減額し800万円になった借金”であれば3年での返済には無理があると判断せざるを得なく、返済に耐えるだけの収入がまかなえない方であれば「特定調停」を利用する事はできません。

 

申し立てに際しては、債権者側は前向きに対応してもらえるものではなく、過去の取引の明細書を請求するときも出し渋りをする事が充分に考えられますので、場慣れした弁護士や司法書士に依頼しておく必要があります。

 

裁判所の調停では債権者と債務者側に加えて、裁判所側からは調停委員が加わり、三者による話し合いが行われます。

 

ただ調停の際には基準が設けられているのですが、簡易裁判所によりこの基準が異なる場合がありますので、同じ金額の負債で似たような状況であっても、場所により結果が異なってくる場合もありますので注意が必要です。

 

 

特定調停の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談