個人再生 相談

個人再生 メリット・デメリット

「個人再生」は裁判所を通じ債権者との話し合い債務圧縮がおこなえるため、非常に利便性が高い手続きなのですが、そこにはメリットがあるだけでなくデメリットも存在します。

 

まずメリットとして挙げられるのは、一定の条件で高額な財産を持てるという点です。

 

自己破産した際には原則として20万円以上の財産は処分する必要があり、持ち家を失いその後は借家住まいを余儀なくされる事になります。また住宅ローンが残っている場合も負債として整理されて持ち家を手放す必要が生じてきます。

 

しかし「個人再生」の場合は、持ち家を処分することなく所有したまま手続きを行う事ができ、住宅ローンは負債として整理されることはありません。

 

場合によっては住宅ローンの期間を延長して月々の負担も減らす事が可能な場合もありますので、多少は余裕のある生活を送ることができる点が大きなメリットとなります。

 

ただ一方でデメリットも存在し、借金は圧縮されてもなくなるわけではありませんので、その後は住宅ローンを抜かして基本3年で完済しなければなりません。

 

これは収入の度合いやその後の頑張り具合いにより変わってくるところですが、相当に厳しい生活が待ち受けている事にかわりはありません。

 

また「個人再生」は自己破産と同様に民間の信用情報機関の情報に登録されますので、以降しばらくは借り入れができなくクレジットカードの発給も受けれないというデメリットもあります。

 

 

個人再生の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談