任意整理 相談

任意整理 メリット・デメリット

「任意整理」は公的機関を挟まず債権者との直接の話し合いで債務を圧縮できる有効な手立てですが、メリットとデメリットの双方があります。

 

まず「任意整理」のメリットには、引きなおし計算をする事によりこれまでの借金の過払い額が発生するという点です。

 

2006年の法改正により利息制限法を越えた部分の金利に関しては返済を受けることが可能となったため、それまでの返済分で超過している利息を計算すれば、ほぼ100%の確立でその運のお金を取り戻す事ができるというメリットがあります。

 

取り返したお金を借金の元本にあてれば、残りの借金残高を大きく圧縮する事ができますね。

 

また「任意整理」では特定の債務者と協議を持つだけですから、車や住宅などのローンにタッチすることは無く、財産を所有したまま特定の借金だけ減額の話し合いをする事ができます。

 

ただ一方でデメリットも存在しており、この場合の借金の圧縮幅は“過払い金の充当”だけとなりますので、元本そのものが大きく圧縮される事はありません。

 

また2006年度以降の法に対応した金利を設定している借り入れを行った場合には、当然に過払い金は発生していないため圧縮は期待する事ができず、返済の期間を多少長引かせる程度しかできません。

 

また民間の信用情報機関にも「任意整理」があったことが登録されてしまいますので、その後しばらくはクレジットカードの発行や融資が行えないというデメリットもあります。

 

 

任意整理の無料メール相談は、安心のフェア&スクエア法律事務所へどうぞ。

債務整理の無料相談